スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

10月 誕生石 オパール

十月の誕生石はオパール(opal)です。
蛋白石(たんぱくせき)がオパールの和名です。
宝石というより鉱物のような和名ですね。
オパールは熱水鉱脈から産出されるケイ酸分を含んだ鉱物、宝石です。
誕生石、オパールは他にも、地中に埋没した樹木や貝殻の化石が珪酸分に入れ替わったり、温泉の沈殿物としても生み出されます。
岩石の表面に球状に付着して産出される場合もあります。
そういったオパールは、玉滴石(ぎょくてきせき)と呼ばれ、紫外線に反応して蛍光を発するものもあります。

オパールは日本で特に好まれている宝石、誕生石で、中でも人気が高いのは、乳白色の地に虹色の輝きが表れているものです。
オパールのように虹色の光が表れる状態を、遊色効果といいます。
オパールが遊色効果を持つと、プレシャス・オパール(precious opal)と呼ばれ、特に貴重な宝石とされます。
誕生石、オパールといえば、このような虹色の光沢を持つ宝石を思い浮かべる人も多いでしょう。
オパールの中でも最も価値の高いものは、黒色のブラック・オパール(黒蛋白石)に虹色の光が鮮明に揺らめいているオパールです。

オパールのモース硬度は5?6、比重は19.?2.2です。
十月の誕生石、オパールは成分中に、10%程度の水分を含みます。

誕生石でもあるオパールは、透明から半透明で、硝子のような光沢を放ち、乳白色のみではなく様々な色彩を持ちます。
オパールには透明、白、黄色、緑色、青、赤まで、幅広い色合いがあります。

十月の誕生石、オパールの宝石言葉は「希望、無邪気、潔白」。

パワーストーンとしてのオパールの意味は、虹色の輝きが希望を象徴し、幸運と幸福をもらたす力があると言われます。
パワーストーンのオパールの意味は、愛の宝石。
パワーストーンのオパールは「キューピッド・ストーン」「愛の天使の石」とも呼ばれ、オパールを持つことで愛が成就されるといいます。
スポンサーサイト

theme : 宝石・天然石・パワーストーン
genre : ファッション・ブランド

line

FC2Ad

まとめ

line
line
誕生石と鉱物、宝石リンク
line
12ヶ月の誕生石
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。